在宅医療の研究・教育・実践の場 仙台往診クリニック www.oushin-sendai.jp
クリニック 問い合わせ リンク集

実践

病態内訳  紹介元内訳  対応可能な医療・検査  特殊な疾病 
当院訪問範囲  連携事業所  当院管理患者転帰  基礎疾患内訳

診療内容・実績

当院の診療に関するデータ集です。

【病態・疾病】
当院がこれまで在宅医療をサポートしてきた患者の約半数は癌末期で、その他の疾病としては、難病、脊椎損傷、脳血管疾患、COPD、糖尿病、認知症等が挙げられます。
病態内訳


【紹介元】
東北大学病院・仙台厚生病院・仙台医療センターなどの主だった病院はもとより、仙台市内のさまざまな病院・医院から紹介を受けています。
紹介元内訳


【訪問範囲・連携】
当院は仙台市街地のほぼ中央に位置しており、現在は仙台市と周辺市町村の自宅・グループホームで、442名の訪問診療を計画的に行っております。
仙台市内においては約7割の訪問看護ステーション、および約4割の介護事業所、58の調剤薬局との間で連携をとっております。
当院訪問範囲 連携事業所


【転帰】
過去亡くなった2,247名の患者のうち、81%の方が在宅で最期を迎えられています。癌末期の方の場合の在宅死率は84%となっております。
当院管理患者転帰 基礎疾患内訳

病態内訳 (患者3,305名) 2017年3月31日現在

 

紹介元内訳(患者3,305名) 2017年3月31日現在

当院訪問範囲

連携事業所 (2017年3月31日現在)

数字は、連携事業所数/介護保険登録事業所数(仙台市)

当院管理患者転帰

(1996年1月〜2017年3月31日 患者3,305名)

 

在宅死亡患者の基礎疾患内訳

(在宅死亡患者数 1,818名)